エレファントジャパン

ごあいさつ 代表取締役 高橋枝見

事業内容 - 処理部

概要

廃油・廃酸・廃アルカリ・汚泥(有機・無機)の中間処理(油水分離・中和・乾燥)を自社工場内にて行っています。

油分のない汚泥→用土として再利用する残土処理を行っています。

油分の少ない汚泥→凝集沈殿槽にて油分を分離、水と残土に分け、泥は自社工場内の汚泥乾燥ヤードにて天日乾燥後、用土として再利用するか、埋立・焼却処分しております。

油分の多い廃油汚泥類→油タンクにて、沈殿、油水分離機(シャープレス)にかけ、油・水に分離させます。その後水分は、自社工場内の水処理施設において、活性炭・中和剤にて処理され放流、また油分は熱量調整して燃料化など、リサイクル処理しております。

有機汚泥(動植物残渣等)→堆肥化施設等へ運搬し、堆肥化・飼料化・焼却などのリサイクル処理しております。

処理フロー

自社工場内に汚泥乾燥ヤード、水処理施設、シャープレス(油水分離機)など高性能の施設を多数保有しており、エレファントジャパン工場長をはじめ、豊富な知識と経験を持ったわが社が誇る専属のベテランスタッフが様々な廃棄物を適正に処理し、地球環境の未来守るために日々業務に取り組んでおります。

エレファントジャパン工場内での処理能力
・汚泥乾燥ヤード・・10m3/日
・水処理施設・・7m3/日
・シャープレス(油水分離機)4m3/日

廃棄物の処理にお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

処理フロー

お問い合わせはこちらをクリック

ページの先頭へ戻る